文章の気になった部分

腰の開きが45度ぐらい】→ランチャー

腰の開きがだいたい45度ぐらいであれば、自然にタテの力を使うタイプに分類される。より反力を意識しよう。

【腰の開きが大きい】→スピナー

腰の開きが大きければ、回転を活かして飛ばせるタイプ。腕の振りのタイミングが合えば、大きな飛距離になる。

【腰の開きが小さく、左への体重移動が大きい】→グライダー

自分がどのタイプなのかは試してみてください。
腰の開きは基本的には少なく、右→左と体重移動が大きいタイプ。パーシモンで育った選手はこれが多い。
横田プロの動画のスイングカタリストを使った動画で地面にかかる圧について詳しく説明しているので見てみてください。