https://www.golfdigest-minna.jp/_ct/17320009

この部分気になりました。

石井プロによれば、パターヘッドのヒールが浮くほどアップライトに構えると、その場合はフェースが開閉ではなく、閉開するように動くという。

そもそもゴルフルールでは、シャフト軸が鉛直線に対して10度以上必要と定められている。つまりライ角80度以下でなくてはならない。裏を返せば、垂直の90度に近いほど、有利になる側面があるのではないだろうか。ヒールが浮くほどアップライトに構えるプロは、ルール内でより垂直に近いストロークを実現しようと苦心しているように見える。

ルール的には吊って打った方が入りやすいんですね初めて知りました。

手を使う感覚はほとんどないですね胸、肩とか肩甲骨を動かしながら打つ感じです。

ストローク式の人にぜひ試してもらいたいです。